お問い合わせ
contrado logo

カーテンやウェディングドレスにレース生地

レース生地の歴史や布がどうやって出来るかについてご紹介します。レースが持つ独特なキャラクターと製造手法について理解し、どんな作品に使用するかプロジェクトの計画を立ててみましょう。あなたのデザインを印刷しますので、理想通りの作品を作るためのレース生地をお作りいただけます。

レース生地って何?

機械もしくは手作業によって作られるレース、特徴的な透かし目で柄が作られる繊細で美しい生地です。とてもデリケートな素材ですがレースは布の仲間であり、美しくとても装飾的な見た目を持っています。レース生地はコットン、ウール、シルク、レーヨン、そしてポリエステルといったどのような繊維からでも作られます。

レース生地の2つの要素:

デザイン - 通常花柄が多くみられ、硬い生地の装飾部分に付けられます。
基布 - ベースとなる布のこと。ここにパターン柄が施されます。
レースの作成は青銅器時代にまでさかのぼります。もともとはレースは全て手作業にてミシンや手縫いで作られていました。手縫いで作成されるレースは最も複雑で完成させるのにも多くの時間を要するので、高い技術力が必要とされます。そのため手縫いのレース生地は高価な布となっているのです。

どのようにして作られるの?

レースは編み目が大きく開いた生地で、複雑かつ精巧に装飾がデザインされます。伝統的な手法で手作業で作られるレースもありますが、入り組んだ模様をデータとして取り込むことによって機械で作成されるレースもあります。

円形にしたり、ねじったり、結び目を作ることにより様々なバリエーションのレース構造を作成します。細くなった生地の端部分を使ったり、レースは小さな布から作ることも可能です。伸縮性と柔軟性を加える目的で、たびたびエラスチンが混紡されることもあります。

手作業で作られるレースの主なグループ:

  • ニードル・レース - 針レースの一種で縫い針と糸だけでかがって作るアンティーク・レースの代表的な技法のひとつ。ステッチワークと切り抜き刺繍のテクニックが発展して出来たハンドメイドのレース。複雑な刺繍の技法を応用して刺繍張りで透かし模様を作っていくことで作成される。
  • ボビン・レース – ピロー・レースとも呼ばれるこの手法は、細長いボビン(糸巻き)に巻かれた何本もの糸を、型紙のデザインに従ってピンで固定しながら糸を交差させたりもじったりして組み糸のように模様が作られる。手織りレースと位置付けられて、手編みレースとは区別されている。

編み目がメッシュのように大きくあいた伝統出来なレースに近いニット・レースと呼ばれる生地もあります。経編みで編まれ、重さにも種類がある布です。

レース生地の使用目的

レースは異なった幅でも作成され様々な用途に使われます。ロマンチックで女性らしさがあり装飾的な美しさもあることから、結婚式用などのドレスに使うレースとしてもとても人気があります。

レース生地はドレスに使われる以外ではカーテンレースとして使われることが多い布です。繊細なデザインと透け感のある布生地が、部分的にプライベートを守ってくれながらも部屋に光を取り入れてくれ、またデコレーションとして装飾の役割も果たします。

衣服、アクセサリー、そしてホームウェアまで、この可愛らしい生地は縁取りに使うのに最適です。テーブルクロスに、カーテンやハンカチなどの装飾レースに、またランジェリーや洋服に付けるレースとしてもお使いいただけます。

布の特徴について

そのメッシュ状のパターンで出来る数多くのデザインがレース生地を最も特徴のある生地にしています。

レース生地の持つ代表的な特徴:

  • 透け感がある
  • ほころぶことがない
  • お洗濯することで柔らかくなる
  • 複雑なデザインやパターンで作られる構造
  • 布の縁を持たないものもある
  • 布目を持たない
  • 熱湯をかけると縮むことがある
  • 柄がマッチするように縦方向か横方向へのパターン柄になっている
  • 多くは一方方向に進むデザインになっている
  • 布の端は直線もしくは曲線になっている
  • デザインは幅が狭いものも広いものもある

レース生地の長所

繊細で装飾的な特徴を持つレースは上品さと個性的な魅力の両方を表現できるので、ウェディングドレスのレース生地としてよく使用されています。従来はしとやかで上品なクラシックドレス作成に使われていましたが、現在ではファッションショーのランウェイで見られるように、アップリケ、ベール、また細部の装飾にも使われています。

装飾のためだけでなく自然光を部屋に取り入れながらもプライバシーを守れるので、レース生地はカーテン作成にもとても向いている生地です。このことが、レースカーテン生地が何世紀にもわたって人気のインテリアトレンドとなっている理由です。

それ以外のレース生地の長所として、カジュアルなTシャツからウェディングドレスまで幅広くどんな衣服にも使える生地であることがあげられます。アップリケ作成にも使われますし、ランジェリーやパジャマのアクセントとしてもレース生地は使用されています。


全ての布をチェック