基本知識業界ニュース

黄金の繊維 ジュートとは?

ジュート生地


ジュート生地とは?

麻袋、素朴なバッグ、カーテン、家具やアクセサリーなど幅広いアイテムにジュート(黄麻)は使用されており、格子状の織りと粗い質感を持っています。 ジュート製のアイテムを使用されている方は多いと思いますが、しかし、 ジュートとは?の問いに答えられる方はどれぐらいいるでしょうか。 ジュートとは 植物由来の天然繊維です。 長くて柔らかくかつ光沢のある繊維は、粗くて強い糸に紡がれ、多くの用途に使用されます。 ジュートは、生産面では綿に次ぐものです。 またそのカラーと費用対効果から、「黄金の糸」とも呼ばれます。

ジュートは何でできているの?

ジュート収穫の様子

ジュートは、シマツナソ および コウマの植物から得られます。 これらの植物はインド亜大陸原産で、一年中栽培されています。 ジュート繊維は、主に木質の茎の中心部付近に集中しています。 それらはセルロースとリグニンで構成されています。 現在生産されているジュートには、白ジュートと、より強く、柔らかく、シルキーな黄褐色の2種類があります。


ジュートの起源と歴史は ?

ジュート生地1


インドのムガル帝国時代にさかのぼる歴史文書によると、村人がジュート製の服を着ていたと記載されています。 インド人はまた、家庭やその他の使用用途でジュートで作られたロープやより糸を使用していました。 中国人は、紙を作るために、ジュートなどの天然素材を使用しました。 中国北西部の甘粛省の敦煌市で、漢字が記載されたジュート紙の小片が発見されています。 前漢時代に作られたと考えられています。

戦後17世紀から

イギリス東インド会社はジュートの最初の貿易業者で1793年、約100トンのジュートを輸出しました。 スコットランドのダンディーに貨物が送られたとき、亜麻織布業者協会はジュートを工業化できるかどうかに非常に興味をもっていました。

1830年代、ダンディーの紡績工は、動力駆動の亜麻の機械を改造してジュートヤーンを紡ぐ方法を学びました。 ダンディーのジュート産業の台頭により、インド亜大陸からの生ジュートの生産と輸出が増加しました。 カルカッタ(現在のコルカタ)は原料のハブでした。 豊富な労働力と電力用の十分な石炭があり、市はまた、国際配送に便利な場所でもありました。 最初のジュート工場は、1855年にカルカッタ近くのフーグリ川にあるリシュラに設立されました。1869年には、5つの工場が950の織機で稼働していました。 1910年までに、38社が10億ヤード以上の布と4億5,000万以上のバッグを輸出しました。 1939年には、合計68,377の織機があり、主にカルカッタ近くのフーリー川に集中していました。 ダンディーで作られた最も初期のジュート製品は、粗い袋詰め材料でしたが、様々な進歩を遂げ、黄麻布、またはヘシアンクロスと呼ばれるより細かい生地が製造されるようになりました。

インド独立

ジュート ロープ

1947年にイギリス領インド帝国が滅亡した後、ジュート製造の産業体制は残っていましたが、ほとんどのジュート男爵がインドを去ることになりました。 工場のほとんどは、マールワーリーの商業集団 によって引き継がれました。 東パキスタンにはジュート産業がありませんでしたが、繊維の在庫は豊富でした。 インドとパキスタンの間で政治的緊張が高まると、 パキスタンは独自のジュート産業を確立する必要性を感じました。 1971年にパキスタンからバングラデシュが解放された後、パキスタン所有のジュート工場のほとんどがバングラデシュ政府に引き継がれました。 最終的に、バングラデシュ政府はバングラデシュジュートミルズコーポレーションを設立しました。

ジュートはどのようにして作られるの?

ジュート シューズ


ジュートの栽培には、温暖で湿度の高い気候、十分な降雨量、および排水の良い粘性質の高い土壌が必要です。 ジュートの栽培に関する興味深い点は、肥料や農薬をほとんど必要としないことです。 刈り取った生茎を水に漬け発酵(浸水醗酵)をさせ、 バクテリアが繊維を一緒に保持している粘着性の材料を溶解できるように、10〜30日間ゆっくり流水に浸されます。 この後、ジュートの非繊維性物質は「ストリッピング」と呼ばれるプロセスで削り取られ、パドルで茎を叩いて繊維が分離されます。 その後、分離された繊維は洗浄され、 乾燥させて精選繊維とし 、選別されジュート工場に送られます。そこでさらに加工されてジュート糸が作られます。 その後、糸はさまざまなジュート製品の生産に使用されます。


ジュートの使用用途は?


古代では衣服、ロープ、家庭用品の製造から、 第一次世界大戦中にはジュート製土嚢はベンガル地方から前線に輸出されました。その後は、釣り、武器、建設産業などに使用されました。 現代では、この汎用性の高い繊維は、カーペット、サック、ラグ、インテリアアクセサリーなど様々な家庭用品の製造に使用されています。

ジュート生地のメリット


• 強い
• 通気性
• 費用対効果の高い
• 環境に優しい
• 汎用性が高い
• 帯電防止
• 化学繊維と混紡が容易

ジュートのデメリット


• しわになりやすい
• 十分なドレープ性がない
• 日光にさらされると色落ちや品質低下につながる
• 水にさらされると強度を失う

ジュート生地にオリジナルプリント

ジュートの特徴はお分かりになられましたか。素材の性質を把握した上で、お好きなデザインで環境に優しいジュート生地にオリジナルプリントされませんか。生地からデザインすることにより、オリジナリティ溢れた個性的なアイテムが作成可能です。

実際に注文する前に、 ジュートを含む生地見本パックで実際に手に取って質感をお確かめいただけます。

100種類以上の 布生地をまとめた 生地見本パックを注文する

Join the discussion

Your email address will not be published. Required fields are marked *