基本知識業界ニュース

ビスコースってどんな生地?知識を深めよう

ビスコースとは

各々の生地は厚み、サイズ、重量、織り方などそれぞれ異なる特徴をもち、天然、合成、再生繊維に分けられます。 生地の中には間違った認識を持たれる場合もあります。ビスコースってどんな素材? と聞かれた時に、ビスコースは誤解されやすい生地の一つに挙げられるでしょう。

ビスコースとは?どんな特徴があるの?

ビスコースは日頃からよく耳にする言葉ですか?レーヨンの方が馴染み深いかもしれませんね。一般にレーヨンとはビスコース・レーヨン繊維のことを示します。では実際ビスコースとは何でしょう?

ビスコースとは?

ビスコースはレーヨン素材の一種です。 もともと人工シルクとして知られていましたが、1924年に「レーヨン」という用語が使われるようになりました。この繊維の製造方法に由来する「ビスコース」という名前の由来は、 レーヨンとセロファン両方に使用される粘性有機液体から来ています。 ビスコースは、ビスコース法によってつくられる木材パルプに含まれている繊維質(セルロース)から作られた再生繊維の一般用語です。

再生セルロース繊維は、天然(コットン、ウール、シルクなど)でも合成(ナイロン、ポリエステルなど)でもありません。

ビスコースは低コストの再生繊維で、人気のある素材です。 コットンの最終用途に加え、高級感のあるベルベットやタフタにも使用されています。 ビスコースは女性用衛生製品やタイヤコードにも含まれています。

化学的には、ビスコースはコットンに似ていますが、製造方法によって様々な異なる品質を作ります。

ビスコースの特徴は?この化学繊維を真に理解するためには、それがどのように作られ、何から作られているのかを知る必要があります。

セルロースとは?

ビスコース生地となるセルロース繊維

繊維が製造される場合、セルロースまたはタンパク質から作られます。 セルロースは炭水化物であり、植物細胞の細胞壁及び植物繊維の主成分です。 合成繊維と化学繊維は異なるため、よって持続可能性の違いが生じます。 ビスコースは木材パルプから作られており、コットンやリネンのようなセルロース繊維になっています。 多くの場合、部分的にのみ人工と見なされます。

製造された繊維は、天然に存在するセルロースまたはタンパク質に由来しますが、合成繊維はそうではなく、完全に人工のものです。 天然が主成分ならば、なぜ「天然繊維」のカテゴリーに分類されないのでしょうか? それは木材パルプに含まれている繊維質(セルロース)を一度薬品で溶かし、細長い繊維に再生することから、天然繊維ではなく「再生繊維」と呼ばれています。

ビスコースは持続可能な素材?

ビスコースは再生可能な植物から作られているため、環境に優しく、持続可能なものとして頻繁に引用されています。 しかし、これは実際に正しい見解なのでしょうか?

ビスコースは最も古く製造された繊維で、シルクの安価な代替品として1883年に最初に生産されました。 ビスコースの生産は一般的に木材パルプから始まり、それを製造するための数種類の化学的および製造技術があります。

ビスコースについてはいくつかの論争があります。

ビスコースを使って衣類を作り、洗濯できるようにするには、化学的に処理する必要があります。 リサイクルされた木材パルプは、苛性ソーダ、アンモニア、アセトン、硫酸などの化学物質で処理されます。したがって、天然でかつ持続可能な素材をつかって化学物質使用しながら製造するため、天然繊維ではありません。

ビスコースはセルロースから作られているため、ポリエステルなどの他の合成繊維よりも持続可能な繊維であるという議論があります。 ビスコースは、リヨセル法を使用して製造されています。 これは、溶媒としてN-メチルモルホリンN-オキシドを使用します。よって廃棄物をほとんど生成せず、環境に優しい方法になります。

ビスコースの特徴は?

レーヨンの名前でも知られるビスコース生地

ビスコースは無限の素晴らしい品質を備えているため、人気のある繊維です。 その特性のおかげで、様々な産業が使用し、幅広い製品を製造しています。特徴は下記の通りです。

  • 汎用性–他の繊維とよく混ざる
  • 通気性
  • ドレープ性がある
  • 染色性にすぐれ、色鮮やかに染まる
  • 高吸収性
  • とてもなめらか
  • 熱に強い
  • 比較的軽い
  • 強く頑丈
  • 柔らかく快適
  • 安価
  • 静電気を起こしにくい

上記の素晴らしい特徴に加え、ビスコースは下記のマイナスな特徴も備えます。 しかし着用と洗濯の際に少し注意を払うと、これらの特性は回避できます。

  • 洗濯すると縮みやすい
  • しわになりやすい
  • 着用地に擦れると白色化しやすい
  • カビの影響を受けやすい
  • 水分を含むと収縮しやすく、強度も低下する

ビスコース:間違った認識をもたれる素材?

生地に「天然」というラベルが付いていない場合、消費者はその素材を真に理解することなく厳しい見解を持ちます。 ビスコースは、すべての繊維、つまり人工繊維または天然繊維の中で最も誤解されている素材の一つです。実際は天然繊維でもなく、合成繊維でもありません。

ビスコースの生産時に使用される化学物質に関して、生地製造技術の進歩に伴い、多くのメーカーはクリーンな生産を確保するためかなり積極的な努力を行っています。 環境にやさしい世界を目指し邁進しているため、ビスコースなどの持続可能性繊維に関する取り組みが増えているのが現状です。

ビスコースは様々な品質があり、色々な異なる方法で使用できる素晴らしい繊維です。このユニークな汎用性により、ファッション、医療、家庭用として多くの業界で使用されています。

ビスコースにデジタルプリント

お客様のデザインをビスコースに布プリントするには、オンライン上の簡単操作で行うことができます。先ず初めに、デザイン、写真、またはパターンをアップロードします。 次に、正しいサイズで正しい位置かを確認します。 完了したら、繰り返しパターンを使用する場合、オプションを選択します。最後に、必要サイズを選択して注文するだけです。 最初にテストプリントをご注文されると、割引券が入手可能です。実際にオンライン上で確認してみてください。とても簡単な作業です。

ビスコースについてどう思われますか?

ビスコースに関するお客様の考えをお聞かせください。 お気に入りの素材ですか?それとも嫌いですか?是非、以下のコメントでお知らせください。

100種類以上の 布生地をまとめた 生地見本パックを注文する

Join the discussion

Your email address will not be published. Required fields are marked *