基本知識

スエードとは?革の世界 – フェイク vs. 本革

スエード-バナー

ファッション愛好家、テキスタイルデザイナー、買い物好きの方などは、おそらくさまざまなショップやファッション雑誌で「スエード」という言葉を耳にしていることでしょう。実際、スエードとはどんな素材でしょうか?そして、なぜ我々は使用するのでしょうか? 一言で言えば、スエードは加工した皮革・合成皮革の一種です。(多くの場合、スエードレザーと呼ばれます)。 スエードは、さまざまな原料であるというよりも、単に布地に柔らかな繊維効果を与える仕上げを指します。

スエードはどのようにして作られますか?

スエード-イメージ-2-300x300

スエードは、なめした革の内側をサンドペーパーなどで起毛させて出来ています。革は、動物の皮、生皮、皮革をさまざまな方法で処理することで作られた素材です。メーカーやデザイナーは、時には素材を裏返してスエードが外側に裏側に革を使用します。この方法により、素材は非常に丈夫になります。

ほとんどの場合より一般的な方法が使用され、革を分割し上部のグレインが取り除かれ、毛羽立った起毛下面のみが現れ生地の両側に見えるようになります。 スエードを作成するこの2番目の手法は、はるかに柔らかく柔軟な革をもたらします。

スエードは何でできていますか?

スエード生地とは? 驚くべきことに、ほとんどすべての動物の皮からスエード革を作ることができますが、最も一般的なのは子羊であり、ヤギ、鹿、豚、子牛です。 動物の種類は、スエードの仕上げに影響を与えます。歳をとった牛と鹿の厚い皮を使用する場合は、繊維の性質により、通常馴染みのあるスエードほど柔らかくはない「毛羽」を持ちます。 生地の「毛羽」とは、テクスチャーの盛り上がった表面のことです 。

スエードの使用用途は?

耐久性がないため、実際は室内装飾品やアウターウェアには適した素材ではありません。ではスエードは何に使用されているのかと疑問に思うかもしれません。 スエードの特徴である美しく柔らかくかつ軽い素材は、衣類やバッグ、靴などを含む高品質のファッションアクセサリーに最適であり、丈夫な革製品の裏地に使用されます。 スエードの最も一般的な用途の1つは、伝統的なウエスタンレザージャケットです。フリンジがあしらわれたジャケットは見たことがありますか?また、エルヴィスのブルー・スエード・シューズはご存知でしょうか。

スエードとは?

動物の皮は旧石器時代から衣類や家庭用品を作るために使用されてきたため、革には長い文化的歴史があります。 革の製造に不可欠な新しい種類のなめし剤が利用するようになった産業革命時に劇的な変化が起こりました。

20世紀に、スエードはその繊細で豪華な性質によりファッション業界で人気を博し、地位を築きあげてきました。 スエードは多用途な素材です-生地の特徴は、キャットウォークでのパキン、ジバンシィ、エルメスなどのハイファッションデザイナーのお気に入りになることを意味します。 実際、今日でもデザイナーは皮なめし業者と協力して、コレクションのために独自のレザーを作っています。

「スエード」という用語は、実際にはフランスに由来し、「ガーント・ドゥ・スエード」と呼ばれるスウェーデンから輸入された特定の種類の非常に柔らかい手袋がフランスで人気となり、スエードと呼ぶようになったそうです。最終的にこの言葉は、起毛仕上げのレザーベースの素材を指すようになりました。

スエード vs フェイクスエード

多くの人々が実際本物よりもフェイクのスエードを好むのが現実です。 フェイクスエード、または「スエード」は、本物の革を選択するより幅広いメリットをご提供します。 動物に優しい代替品として、ほつれや潜在的な艶消しのデメリットなしに、加工技術の進化に伴い、柔らかいブラシをかけられた表面までスエードの外観と質感を表現します。 お手入れもより簡単です。 本物のスエードは水に弱いですが、フェイクスエードは通常、撥水加工のため、安全かつ簡単にお手入れができます。汚れを簡単に寄せ付けないフェイクスエードの特徴により、頻繁に洗う必要もありません。お値段もより安価でご提供できます。

スエードレザーの種類

使用される動物の皮により幅広い種類の革とさまざまな種類のスエード革が利用可能です。

シープスキンスエード
主に子羊の皮から作られており(以前の子羊よりも軽くて柔らかい)、このしなやかでベルベットの毛羽立ちのあるスエードは、最も軽量で繊細なスエードとして広く利用されています。 前述のように、スエードは防水性ではありませんが、シープスキンのスエードは、冬の間は冷たい風や湿気を防ぐのに優れています。

ピッグスキンスエード
ピッグスキンはシープスキンほど人気がなく、テクスチャーがより丈夫で硬いのが特徴です。 スエードの製造にも使用できますが、表面のソフトナップがはるかに短く、通常は他のスエードよりも長持ちします。

牛革スエード
羊のように、子牛は完全に成長した牛よりもはるかに柔らかい皮になります。 牛革の表面をバフ研磨(ヤスリがけ)して起毛させて作られる牛革スエードは非常に耐久性のある素材です。

スエード生地のメリットとデメリット

スエードの特徴として、メリットとデメリットをご説明しましょう。

メリット
– 厚手のスエードは耐久性がある
– ソフトで豪華な感触
– 起毛面
– 長持ちする

デメリット
– 水を簡単に吸収
– 汚れやすい
– 回復力がない
– 高価

スエード生地にオリジナルプリント

「スエードとはどんな素材?」という質問に対して、お分かりいただけましたでしょうか。オリジナルのフェイクスエード生地を作成しませんか。 オンラインで簡単にデザイン作成可能です。実際のご注文前に、先ずはテストサンプルを注文できます。実際に手に取って、仕上がりを確認してみてください。また、最初のご注文にお使いいただける割引クーポンも進呈いたします。

生地見本パックはフェイクスエードを含む100種類以上の生地を実際に手にとって確認できますので、是非お試しください。

100種類以上の 布生地をまとめた 生地見本パックを注文する

Join the discussion

Your email address will not be published. Required fields are marked *