基本知識業界ニュース

ナイロンとは?ストッキング、ロープなどに使われる多用途な繊維

ストッキング ナイロン

ナイロンとは?

日常生活で使用頻度の高い傘、ストッキング、靴下、歯ブラシなどに使われるナイロン。しかし、「ナイロン 性質とは?」と考えた時に答えるのは難しいですよね。 1つの素材が、歯ブラシの毛のようにプラスチックみたいに硬いモノから、靴下のような柔らかい素材まで多種類にわたって使用されています。 ナイロンは、用途に合わせてさまざまな形状やテクスチャに加工できる合成繊維です。

ナイロンは何でできているの?

ナイロンは、正式にはポリアミドといい、 繊維状にも加工できる汎用エンジニアリングプラスチックに分類される合成樹脂の種類です。ポリマーをさまざまな物質と混合させることにより、多種多様なナイロン繊維が実現可能です。

ナイロンの起源と歴史は?

1930年代にアメリカのデュポン社は、シルクの代替品としてナイロン開発を進めていました。 ナイロンの発明は、 デュポンの有機化学部門のリーダーであるアメリカの化学者ウォーレス・カロザース博士の指導の下、9年間に及びました。
1930年、カロザースと彼のチームは2種類のポリマーを作成しました。ネオプレンは、第二次世界大戦中に大変使用された合成ゴムであり、もう1種は、後にナイロンになる白い弾力性のある強力な糊上のものでした。 世界初の合成繊維ナイロン6,6は、1935年2月28日に カロザース によって製造され、ナイロン 性質として弾性かつ強度を含む繊維です。 ナイロンの生産にはデュポンでの部門間協力が必要であったため、これにより雇用の創出につながり、世界恐慌を救い化学工学の進歩を促進しました。 彼は最初のナイロン工場をデラウェア州シーフォードに設立し、1939年12月に商業生産を開始しました。

ナイロン 発明家

デュポンの優れたマーケティング戦略により、ナイロンは購入前から話題を呼ぶ繊維で、鋼よりも強靭であるとイメージされておりました。 1939年10月24日、4,000足のナイロンストッキングが数時間以内に完売しました。それとは反して、ナイロンによる問題も引き起こしました。 ナイロンはシルクよりも優れ丈夫で長持ち、伝線しないという期待感が生まれましたがその反面 、合成繊維を信頼しない一部の人々と争わなければいけませんでした。 死体から抽出される化学物質であるカダベリンをナイロンの製造に使用するという噂が流れ、科学者たちは、石炭を加熱することによってカダベリンも抽出できることを伝えて安心させることに努めました。

年月が経つにつれて、ナイロンの生産は1940年には1,300トンまで増加しました。しかしながら、1942年2月11日、ナイロン生産は軍隊用として、ほとんどのナイロンは戦争用のパラシュートやテントに使用されました。 ストッキングやランジェリーなど一般の人々の要求は、戦争が終わった後に満たされました。 しかし、ストッキングは伝線しやすいという問題が起き、ナイロン繊維は湿潤な気温では吸収性に欠け、かゆみを感じ、ひっつきやすく静電気を発生することもありました。この問題は、ナイロンを綿、ポリエステル、スパンデックスなどの他の素材とブレンドすることにより改善されるようになりました。 ブレンドは低コストでありながら、弾性、強度、染色しやすいなどのナイロンの機能的な特性を維持するものでした。

ナイロンはどのようにして作られるの?

ナイロンは、ジアミン酸とジカルボン酸の2つの大きな分子を反応させることにより作られます。重合によりさらに大きな分子を作り、水を放出します。 この場合に形成される大きなポリマーは、ナイロン6,6と呼ばれる最も一般的なタイプのナイロンです。 巨大なナイロンシートまたはリボンが製造され、細断されたチップは、プラスチック製品の原料になります。 ナイロン生地は、溶かしたナイロンチップを、いくつかの小さな穴のあるホイールに通すことにより作られたナイロン繊維からできております。 各々異なるサイズの穴を使用し、それぞれに応じた速度で引きのばすことによって、様々な長さおよび太さの繊維が作成されます。

ナイロン2

ナイロンは何に使われているの?

ナイロンの一般的な用途として、ストッキングと靴下が挙げられます。 またナイロン混織物素材は、水着、トラックパンツ、ウインドブレーカーなどの製造に使用されます。その他の用途として、パラシュート、傘、スーツケース、ベールなどにも使用されます。 ナイロン 特徴は、熱と寒さに強く、軽量である性質を持つため、ボートで使用されるロープを作るためにも使われます。

ナイロンのメリット

•軽量
•丈夫
•耐摩耗性
•お手入れが簡単
•防縮性かつ防しわ性
•防水
•費用対効果の高い

ナイロンのデメリット

•静電気によりスパークが生じる可能性
•熱に弱い
•吸水性は低い

ナイロンの特徴はお分かりいただけましたでしょうか。次は実際に生地の質感、仕上がり、印刷品質を手に取ってご確認されませんか? コントラードの生地見本パックで、ナイロンを含む様々な種類の生地を実際のご注文前に確認できます。用途に応じた最適な素材を選びましょう。下のバナーをクリックしていただければ、生地見本パックがご覧になれます。

Join the discussion

Your email address will not be published. Required fields are marked *