基本知識業界ニュース

ポリエステルとは?ポリエステル特徴を徹底解説!

ポリエステルとは-ブログバナー

ファッション、デザイン、インテリアに使用される最も人気のある生地の一つに、ポリエステルが挙げられます。ポリエステル生地特徴を見てみましょう。

ポリエステルとは衣類に素晴らしい選択肢を与える特定の品質を備えた素材です。 合成繊維で、シルク、コットン、ウールなどの天然素材ではないため、ファッションに関してデメリットな要因もありますが。しかしながら天然ではなくても、メリットはたくさんあります。

ポリエステル特徴は?

ポリエステルとは、ポリエステル糸または繊維を使用して作られる、全布地または織物の一般的な用語です。 これは、合成の人工ポリマーの短縮名であり、特定の材料として、最も一般的にはポリエチレンテレフタレート(PET)があげられます。 エチレングリコールとテレフタル酸を混合して作られています。簡単に一言でいえば、ポリエステルはプラスチックの一種です。

1941年にイギリスの化学者John Rex WhinfieldとJames Tennant Dicksonによって最初に発明され、1970年代に人気が出ました。 ポリエステルは常に取り巻く議論をそなえています。 シルキーで光沢があるため、70年代に少しプラスチック製のように見えるスーツが普及したため、ポリエステルは安価で不快な生地として認知されるようになりましたが、サタデーナイトフィーバーやゆかいなブレディー家の時代から進歩を遂げています。

1970年代はポリエステル素材のスーツの全盛期でした。

ポリエステル繊維は、衣類、家具、織物などの製造に使用できます。服好きの方なら、品質表示タグをチェックするとどの繊維が何パーセント含まれるか表示されているのを確認されていることだと思います。天然繊維にポリエステルを混ぜると、タグにそれぞれの割合が表示されます。

ポリエステル生地特徴をあげると?

  • ポリエステルは非常に耐久性があり、多くの化学物質に耐性がある
  • 縮みや伸びに強いため、ファッション業界で人気のある素材。摩耗にも強い
  • ポリエステルの製造に使用される繊維は非常に強く、軽量
  • シワになりにくい
  • 形状記憶性が高い
  • カビや湿気に強い繊維
  • ポリエステル生地はお手入れが簡単で、自宅で洗濯や乾燥が可能
  • 速乾性のある生地なので、アウトドアウェアに適した素材

ポリエステルを選ぶ理由

ポリエステル繊維は熱可塑性をもち、形状記憶性が高いため、アパレルでは非常に人気のある素材です。ポリエステル100%の布地は恒久的なプリーツを付けることができ、装飾的な形状とパターンをレーザーカットできることがポリエステル生地特徴の優れた点です。 また、汚れに強く、クリーニングに最適です。

しかし、ポリエステル100%の服の場合、静電気が発生しやすいのが特性です。髪の毛の長い方は特に不快を感じることがあるかもしれません。この問題を解消するために、多くの場合、ポリエステルはコットンなどのより安定した繊維とブレンドされます。 これはポリコットンとして知られ、両繊維のメリットを生かしています。 ポリエステル100%よりも強く、耐久性があり、しわになりにくく、通気性に優れています。

ポリエステルの衣服はシワになりにくく、シルキータッチな感触です。ポリエステル繊維を織ったり編んだりして、新しい布地を作ることができ様々な用途に応じて柔軟に対応できます。

ポリエステル表面のクローズアップ

ポリエステルは一般的に何に使われているの?

  • ファッション
  • スポーツウェア
  • フリース
  • コートやアノラック
  • シーツ、羽毛布団カバー、寝袋などの寝具
  • 履物
  • 羽毛布団の詰め物(断熱性があるため)
  • ミシン糸
  • 室内装飾品
  • テキスタイル
  • スーツケースやバッグなど

工業用ポリエステル繊維は、コンベアベルト素材、シートベルト、プラスチック補強材などにも使用されています。

ポリエステルを使用する上でデメリットはありますか?

コットン、カシミア、シルク、ウールなどの天然素材を着用または使用するのが好きな人もいます。メリットは、一般に通気性があり、低刺激性で耐久性があることです。合成繊維よりも高価になる可能性があり、洗濯と乾燥に関してより多くの注意が必要です。

ポリエステルなどの合成繊維のデメリットは、通気性がないことです。 着用すると、汗をかき湿気を感じ不快に思うことがあります。 これは、ポリエステルの吸湿性がコットンのような天然素材と比較して非常に低いためです。 しかし現在では水分発散性の高いポリエステルを開発し、ワークアウトやレジャーウェアに最適な素材も販売されています。

非常に敏感肌の方は、合成繊維素材の衣類を着用するとチクチクしたりするかもしれませんが、通常、混紡の場合は感じることは少ないと思います。

ポリエステル繊維は可燃性ですので、特にポリエステル100%を着用または使用する場合は、火の近くでは注意が必要です。

ポリエステルはプラスチックで作られているため、環境に悪いという疑問点が浮かびます。確かに、プラスチックは持続不可能な素材ですが、ペットボトルは、実際はポリエステル生地にリサイクルされます。プラスチック単体はマイナス面として堆肥化できません。つまり、土壌で分解されることができません。

ポリエステル製造過程の様子

ポリエステルは優れた素材?

結論的に言うと、ポリエステル繊維がさまざまな分野において非常に多様かつ優れた特性を持つことは否定できません。 他の合成素材と同様デメリットもありますが、コットンなどの他の天然繊維とブレンドする場合、問題は特にありません。 繊維やテキスタイル(天然のものも含む)に対する有害反応は常に可能性がありますが、全体として、ポリエステルの使用は非常に有益で有用です。

時代遅れのポリエステルから1970年代は非常に人気があったり、不快なダブルニットポリエステル生地により人気が再度下降したり時代の変遷を遂げています。 しかし、現代のポリエステルは飛躍的に進歩し、現在では高品質の繊維です。 技術の進歩により、ポリエステルの感触、ドレープ、外観が劇的に改善されたため、より自然で高価な生地にぴったりと溶け込みます。 すべての合成繊維と同様、通気性があまりないため、ホットフラッシュなどを感じる方、湿度の高い環境での生活をする人にとっては、ポリエステルは最高の生地とはいえないかもしれません。

現代のポリエステルは、本物のシルクやウールのようにみえる高品質の素材もありますが、品質の差はブランドにより生じます。多くの高級ブランドは、主に耐久性、手入れのしやすさ、刺激的な効果を高めるために、コレクションにポリエステルを使用しています。

生地選びはお客様の選択に委ねられています。 すべてのポリエステルが同じ品質だとは思わないでください。タグを確認し、実際に試着して着心地を確かめてください。

カスタムメイドのポリエステル生地をデザインするのは簡単でしょうか?

お客様のデザインをデザインインターフェイスにアップロードすることにより、オリジナルのポリエステルまたは他のポリ素材をすばやく簡単にオンライン上でデザインできます。 数量を選択してご注文される前に、デザインのサイズ、位置、ピッチが変更可能です。 またテストサンプルを試されると、割引コードが取得でき最初の注文にご利用できます。

ポリエステル以外の生地もご興味のある方、実際手で肌触りを感じたい方は、生地見本パックを先ずはお試しください。

100種類以上の 布生地をまとめた 生地見本パックを注文する

Join the discussion

Your email address will not be published. Required fields are marked *