基本知識業界ニュース

レーヨンとは?天然繊維と化学繊維の素晴らしい中間素材

レーヨンとは?

レーヨンとは?

日頃からよく耳にする「レーヨン」という素材。おそらく、多数の方がこの生地で作られた衣服、アクセサリー、家庭用品など何かしら一点は持たれているかと思います。 しかしながら、あらためてレーヨンとは? と問われると、人工の繊維というのはわかっていても説明は難しいですね。 レーヨンは、ポリエステルとナイロンのような合成繊維とは違い再生繊維に分類される素材です。それでは、もっと詳しくレーヨン素材の特徴を見てみましょう。

レーヨンは何から作られるの?

レーヨンは、木材パルプまたは綿セルロースから作られた天然ベースの素材です。 低コストで扱いやすい繊維で、さまざまな用途に適しています。 コットン、リネン、シルクなど他の天然繊維の外観と質感を人工的に模倣したレーヨンにはいくつかのグレードも備えています。 例えばビスコース、モーダル、リヨセル など レーヨンには様々な種類があります。

レーヨン1

レーヨンの起源と歴史は?

1860年代、フランスの絹産業は、カイコに影響を与える病気による危機に直面していました。 この産業を救うため、ルイ・パスツールとイレール・ド・シャルドネは、この問題に関する研究をすすめていました。 この時期にシャルドネは人工シルクの製造方法に興味を持ち始め、これに成功した1885年にセルロースから繊維を製造する方法に関して特許を取得しました。

昔は人絹(じんけん、人造絹糸)、ステープル・ファイバーからスフとも呼ばれていました。1925年までには、この繊維が産業の発展につながり、連邦取引委員会(FTC)によってレーヨンと名づけられました。 レーヨンは光線(英:ray)と綿 (英:cotton) を組み合わせた言葉です。

1952年、FTCはレーヨンを2つのカテゴリーに分類しました。純粋なセルロース(レーヨン)からなる繊維と、セルロース化合物(アセテート)からなる繊維です。 1950年代までに、生産されたレーヨンのほとんどは、衣料品ではなく工業用および家庭用家具製品として使用されていました。 これは、通常のレーヨン(ビスコースレーヨンとも呼ばれる)繊維が、衣類に使用される他の繊維に比べて耐久性が弱かったのが理由です。

1955年、製造業者は新しいタイプのレーヨン、高湿潤モジュラス(HWM)レーヨンの生産を開始しました。従来よりも丈夫で耐久性があるため、敷布、タオル、アパレルの製造に使用できる素材として発展しました。 HWMレーヨン繊維は、1880年代の発明以来、レーヨン生産における最も重要な開発と考えられています。 今日、レーヨンは幅広く使用されている素材の1つであり、世界的に生産されています。

レーヨンはどのように作られるの?

レーヨンは、木材パルプ(通常は松、トウヒ、またはツガ)から得られたセルロースと綿の種子に生えている短い繊維であるコットンリンター で作られています。

レーヨン2

ビスコースレーヨンは最も一般的で多用途な素材です。 人工繊維または天然繊維とブレンドすることにより、さまざまな重量と質感の布地にすることが可能です。 吸収性があり、費用対効果が高く、着心地の良い生地です。

高湿潤モジュラス(HWM)レーヨンは、通常のレーヨンよりも強い繊維です。 コットンに似た、お手入れも簡単な素材です。 モジュラスレーヨンを含む生地は洗濯機で洗えますが、通常のレーヨンで作られた生地はドライクリーニングする必要があります。 木材パルプでもコットンリンターであろうと、レーヨンを作るための基本的な原料は、セルロースを抽出して精製するために処理されなければなりません。 次に、得られた白色の精製セルロースのシートを処理して、再生セルロースフィラメントを形成します。 その後、フィラメント糸として紡がれ、最終的に布地に変身します。

レーヨン3

高湿潤モジュラス(HWM)レーヨンは、通常のレーヨンよりも強い繊維です。 コットンに似た、お手入れも簡単な素材です。 モジュラスレーヨンを含む生地は洗濯機で洗えますが、通常のレーヨンで作られた生地はドライクリーニングする必要があります。 木材パルプでもコットンリンターであろうと、レーヨンを作るための基本的な原料は、セルロースを抽出して精製するために処理されなければなりません。 次に、得られた白色の精製セルロースのシートを処理して、再生セルロースフィラメントを形成します。 その後、フィラメント糸として紡がれ、最終的に布地に変身します。

製造工程
•精製されたセルロースのシートは、 カセイソーダと反応させアルカリセルロースを作り 再びカセイソーダに溶解させて水あめ状のビスコースとなる これらのシートは乾燥後れ細かく裁断され、タンクで2〜3日間成熟させます。 金属容器の温度と湿度は慎重に管理されています。

•精製されたセルロースのシートは、アルカリセルロースのシートを生成するため水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)に浸されます。 その後、乾燥させ細かく裁断し金属コンテナで2〜3日間成熟させます。 金属容器の温度と湿度は慎重に管理されています。

•成熟後、 二硫化炭素を反応させたザンテートという反応物を作ったうえで、再び苛性ソーダに溶解させて、はちみつのような水あめ状のビスコース溶液をつくります。 溶液は不純物のためにろ過され、4〜5日の間、古くなったタンクに保管されます。

•ビスコース溶液を、凝固浴の中に押出してその中で固めて再生セルロースフィラメントをつくります。 次に、フィラメントを糸に紡ぐ工程です。

•繊維が十分に硬化すると、後処理用の化学物質や、布地を製造するために必要なさまざまな製織の準備工程があります。 作られた布地は、用途に応じて多くの仕上げ処理を施すことができます。 レーヨン素材の特徴である滑らかさを調整したり、耐火性、耐水性、 防縮加工 、防しわ性などの加工処理も可能です。


レーヨンの用途は?

レーヨンの最も一般的な用途は、毛布、シーツ、カーテンなどの寝具、インテリア用品や衣類です。 タイヤコードや外科用製品の製造にも使用されております。

レーヨンのメリットは?

•安価だが、高級感ある素材
•シルクのような生地感
•優れたドレープ性
•通気性
•他の繊維とブレンド可能
•染料との相性がよく発色性に優れている

レーヨンのデメリットは?

•光や湿気に弱い
•洗濯すると縮む可能性があるため、ドライクリーニングが必要
•熱にも強くないデリケートな素材のため、アイロンがけには注意
•使用される化学物質が慎重に取り扱われない場合、 製造方法は環境および労働者に有害

レーヨンにはどうやって印刷するの?

コントラードでは、どなたでも簡単にオリジナル生地が作れるように特別な開発を行っております。 お好きなアート、パターン、写真やお気に入りの画像をウェブ上にアップロードしてください。弊社のイメージ&デザインツールを使えば、編集やサイズ変更、画像のリピートも簡単にできます。

レーヨン素材の特徴はお分かりいただけましたか。先ずは、生地見本パックを入手してお気に入りの素材を探しましょう。

生地見本パック

Join the discussion

Your email address will not be published. Required fields are marked *