お問い合わせ
contrado logo

カーテン生地

どのようなカーテン生地を選ぶかは、お部屋をファッショナブルかつ機能的に仕上げるの重要な役割を果たします。オンラインでカーテン生地をお買い物される際、こちらのガイドを参考にされて目的に合った生地をお選びください。

カーテン生地って何?

カーテン生地は、カーテンの作成やドレーピングを出したいものを作りたい時にお使いいただけます。カーテンは空間の印象をガラッと変えるので、お部屋のスタイルや個性はカーテン生地によって決まると言っても過言ではありません。コントラードはあなたのお家のために、生地の選択からデザインの印刷までオーダーメイドでカーテン生地をお作りします。ですので、お好みのスタイル、布生地、デザインなどといった具体的なイメージを形にすることが出来ます。

カーテン生地の中にはクッションカバー、ソファカバー、クラフト作品、また家具装飾などとして使用される布もあります。

コントラードのカーテン生地は天然素材から合成繊維まであり、また布の重さも様々です。布生地の重さはカーテンの機能性と印象を左右しますので、機能性を優先させるのか、お洒落さを重視したいのか、生地の重さを参考にされて決めるのも一つの方法です。

以下にカーテンとして良く使用される生地をご紹介します:

  • コットン・サテン - 100%天然コットンから作られるクラシックなサテン生地です。
  • マルマル・モスリン – 耐久性のあるポリエステル製の撚糸を使って織られたソフトで軽い布です。
  • シフォン – ソフトで表面に光沢を持つ薄くてライトな生地です。
  • ポリ・ジョーゼット – シルクのような美しさとポリエステルの丈夫さを併せ持つ生地です。
  • ポリ・スエード – 合成繊維で作られたとても柔らかいスエード生地です。ほつれにくくマットな仕上がりになります。
  • レース – ライトで風通しのいい布。繊細で非常に女性らしい生地です。

どのようにして作られるの?

どの生地を作るかによって製造方法は変わってきますので、コットンやリネンなどの天然素材はポリエステルやベルベットなど合成繊維とは違った製法で作られます。

カーテン生地の重さやデザインの違いは製造方法の違いでもあるのです。レース素材はハンドメイドで作られることもあり、より時間のかかる作業となります。畝織りなどのブロケードやダマスク織りはより高い技術が要求される手法です。天然素材の布は綿のかたまりをほぐして繊維にし、それを糸状に紡いでいくことで出来上がります。合成繊維は化学物質などから人工的に作られる繊維になります。

カーテン生地の使用目的

カーテン生地の主な目的はお部屋にお洒落なスタイル、または実用性を加えることです。もともとカーテンはプライバシーやセキュリティを守る目的で使われていました。どの程度光を遮りたいか、また外と内側を隔離する目的でも使用されてきた経緯があります。 
生地を選ぶ際、部屋のどこの部分に使うのかをイメージされてお決めください。ベッドルームにカーテンを付けるなら遮光性のある布、リビングなら遮光性のある生地もいいけれど華やかな印象になるレース生地もきっと合うことでしょう。どんなところでどんな風に使いたいかを考えると、おのずと正しいカーテン生地をお選びいただけると思います。

あなたのプロジェクトに十分な布生地を準備出来るよう、コントラードではカーテン生地をメートル単位でご注文いただけます。

布の特徴について

カーテン生地の特徴は布の重さや製造のされ方によって大きく変わってきます。軽い生地、エアリーな生地、そして耐久性のある生地から遮光性のある布まで様々ですが、布生地はライト・ミディアム・ヘビーの3つのカテゴリーいずれかに当てはまります。

ライト・ウェイトの布:
  • 見た目も軽くエアリー感がある
  • ロマンティックでよりカジュアルな雰囲気 
  • より多く光を通すのでお部屋が明るくなります
  • 機能性よりもスタイルを重視したいタイプに向く
ミディアム・ウェイトの布:
  • ライト・ウェイトの布より厚みがありしっかりしている
  • いい具合の布の柔らかさと綺麗なドレーピング
  • あまり強くない自然光を防ぐ 
  • スタイルと機能性をバランスよく持ち合わせている
ヘビー・ウェイトの布:
  • より上品な感じの見栄えのする生地
  • しっかりした丈夫で上質な生地 
  • フォーマルな部屋や寝室に向く
  • ほぼ全ての採光を遮断
  • ライトとミディアムに比べドレーピングは少ない

カーテン生地の長所

オンラインで生地を選ぶ際、スタイル、布の性質、重さ、そしてデザインなどといった様々なオプションから最適な布生地を選ばないといけません。その生地を使ってどんなカーテンを作るのか、どの部屋用に買ったのか、どんなスタイルのものを作るかを考えておくことがキーポイントになってきます。部屋の印象を決めるカーテンーぜひご自身でスタイル、デザイン、予算、耐性、長さなどお好み通り選んでいただき理想のお部屋をお作りください。


全ての布をチェック