お問い合わせ
contrado logo

シャツ生地

イギリスで印刷されるエレガントなシャツ生地を豊富にラインナップ。あなただけのカスタムメイドのワイシャツ、ブラウス、シャツワンピースを作成しましょう。 カジュアルな普段着としてのシャツから、よりフォーマルでビジネスシーンに活用できるワイシャツまで用途に応じた素材をお選びください。

ワイシャツ生地とは? 

一般に、シャツ生地はよりタイトに織られており、薄手であるため、シャツ、ブラウス、ワンピースなどに適した重量と質感になっています。 ほとんどのシャツ生地は、ポプリン、ツイル、ピンポイント、オックスフォード、ヘリンボーンの5種類の織り方のいずれかに分類されます。 各々の織り方は独特の質感と外観を提供するため、カジュアルな服装、フォーマルウェアに適した生地などシーンに合わせてお選びいただけます。 シャツ生地は柔らかいのが特徴ですが、フィット感と外観も重視した上で、形状をしっかりと保持できる素材です。

人気のあるシャツ生地

豊富な種類のワイシャツ生地があり、それぞれ異なる特徴を持ちます。その中でも人気のある生地は: 

  • リマ・コットン・ツイル
  • リマ・コットン・ローン
  • リマ・コットンポプリン
  • ビスコースツイル
  • コットン・ポプリン
  • ヘリンボーン
  • ヴィンテージ・フェード・コットン
  • マルマル・モスリン

どのようにして作られるの? 

シャツ生地はそれぞれ独自の方法で製造されており、織り方と繊維の組み合わせによっても異なります。

シャツ生地を作るために使用される織り方により、最終的な外観と質感、用途が決まります。

ポプリンは基本的な構造でしっかりと編まれており、ビジネス用として適した素材です。光沢がない質感で、滑らかな生地です。ポプリンとブロードクロスの主な技術的な違いは、ポプリンがたて糸とよこ糸で異なる重量の糸で作られるという点です。

一方、ツイルは独特のテクスチャーと表面に斜めの織り目があり、多くの特徴があります。ポプリンよりもシャリ感のないツイル生地は、柔らかくドレープ感があります。

ピンポイントオックスフォードは、上記2種類のワイシャツ生地よりもカジュアル感がある素材で普段着用として最適です。通常、より太い糸で織られたピンポイントオックスフォードは、肌に心地よく耐久性のある素材です。

開きにした魚の骨に似る形状からニシン(herring)の骨(bone)という意味をもつヘリンボーンシャツは、糸の本数が多ければ多いほどしっかりとしたしなやかな良い生地になります。

シャツ生地の用途

シャツ生地は、ワイシャツを作るためだけのものではありません。ワンピースやブラウスとしても人気の素材です。

特徴

シャツ生地は豊富なバリエーションがあるため、生地によって特徴も変わります。糸の本数や織りによって様々な質感や生地感が生まれます。  糸が紡がれるとき、より弾力性のある生地を作るために2本の糸を一緒に紡ぎます。 PLY(プライ)というのは、糸の撚りを表す表示です。2プライというのは2本の糸を撚り合わせた糸で織られた生地です。2プライは通気性があり、軽量かつ耐久性があるため、シャツ地に適しています。3プライ、4プライも使用できます。

ワイシャツ生地が人気である特徴: 

  • 化学繊維を使用したシャツ地は、着用時にしわになりにくい
  • 撚係数が高いと繊維がからまらない為毛玉ができにくい
  • 滑らかな表面
  • 使用する生地によって異なりますが、構造化またはリラックスできる生地感
  • 快適性

シャツ生地のメリット

ワイシャツ生地は多くのメリットを持ち、印刷する前に、目的に応じた素材選びが重要です。 リネンシャツは細い糸を使用することで通気性が増し、暖かい気候に適した素材です。ツイルシャツは手触りがよくフィット感があり、ビジネスシーンで使用するシャツに適しています。 実用的かつ柔らかいワイシャツ生地は、肌触りが良く、スタイリッシュさを表現できます。 カジュアルな装いや、ヘリンボーンなどの光沢感あるエレガントなシャツ生地まで、生地によって様々なシーンに対応できます。

全ての布をチェック