お問い合わせ
contrado logo

メンズスイムウェア

男性用スイムウェアのデザインは限られています。 ネイビー、レッド、ホワイト、ブラックの無地またはハワイアンスタイルの花柄プリントなどあまり選択肢がありません。コントラードでお好きなデザインや画像、写真を使って個性あふれるメンズスイムウェアを作成しませんか。オンラインで簡単にデザイン作成可能です。様々なスタイルとサイズをご用意しております。

スイムウェアの歴史

スイムウェアは常に着用されていたのではなく、初期のスイマーは海水浴のための特別な衣服はなく、全裸水泳でした。1738年まではスイムウェアを着用するべきであるといった公式なものはなく、実際に法律化されたのは1860年でした。 それ以来、メンズスイムウェアは長年にわたってさまざまな形やスタイルを取り入れてきました。

古代から中世にかけて、水泳と入浴は完全に裸で行われていました。この時代の絵には服をきていないスイマーが描かれています。中世では、ほとんどの人々が泳ぐことはありませんでした。水泳や入浴も反対されていましたので、スイムウェアも必要としませんでした。

イギリス、バースの温泉浴場

17世紀を通して、入浴時のコスチュームが出回りました。スイムウェアは上流階級や富裕層のリゾート地として繁栄したバースの温泉から発祥したといわれています。黄色のキャンバス素材で上半身を覆う体の線がでないデザインです。

18世紀は、男性はウール素材のスイムウェアを着用していました。 それはやや体にフィットしたデザインで、長袖で足もかかとまであるようなスタイルです。 これは、サーマルアンダーウェアのオールインワンスーツと似たスタイルです。 100年ほどこのデザインが続きました。

法律

18世紀は、入浴と水着に関する服装規定を街ごとで法律を定めました。 1737年10歳以上の男性の場合、服装規定として時間を問わず、ズボン下とベストなしではどの浴場に入ることも禁止されました。

イギリスでは、1860年に全裸水泳が法律で禁止になりました。1860年代を通して、ボクサーパンツタイプが使用されるようになりました。 全裸水泳を好む人たちにとって、このボクサーパンツタイプを着用することに対して抗議するたくさんの人々がいました。

メンズビキニ

男性用スイムウェアは、20世紀を通して女性用に似たトレンドをたどります。競泳用水着が一般的になるまでは、デザインとして肌を覆うスペースが少なくなっていきます。 運動機能より、ピッタリとフィットしたブリーフ系の水着が好まれ、一般に「budgie smugglers」として呼ばれていました。

一部の地域、通常は熱帯地域でのビーチ、プール、湖などで男性でもタンガ、Gストリング、ビキニのスイムウェアを着用します。 

メンズスイムウェアの変化

90年代より、男性用スイムウェアは丈が長くなりルーズフィットのデザインに変わってきました。 長さはひざ丈またはひざ下で、ウエストではなく、ヒップで着用します。今までは好まれなかった長さのデザインも今では主流になり、デザインの幅も広がってきております。

一つの目的のために

ここ数百年において、メンズスイムウェアのデザインスタイルの選択肢の幅が増えてきているにも関わらず、まだまだデザイン性に欠けています。基本的な原色は白黒が非常に一般的ですが、パターンデザインは小さい花柄が主流です。あなただけのデザインで、ファッション性の高いオリジナルメンズスイムウェアを作成しましょう。

カスタムメイドのスイムウェア

お好きなデザインやアートワークを使って、オリジナル水着をカスタムオーダーしましょう。最も快適と感じるスタイルを選択し、オリジナルデザインでメンズスイムウェアを作成しませんか。カスタマイズできるのはデザインだけではありません。男性用スイムウェアのほとんどは、ステッチの糸カラー、仕上げ方法など、細かい部分もお選びいただけます。 シルエットだけではなく、幅広いサイズをご用意しております。