Menu

メンズプリントパンツ/4

メンズズボンのカットと形状は、レディースと比べて種類が少ないと感じませんか。 ちょっと人と違ったシルエットをお好みの方は、カスタムメイドのメンズプリントパンツをデザインし、遊び心を加えてみましょう。

デザインを見る: 2 3

メンズプリントパンツ

カスタムメイドのメンズズボン

単に好きなデザインでキャンバスプリントを作成するのではなく、実際にそのオリジナルデザインをメンズプリントパンツとして製品化しませんか。 簡単にオンラインで、オリジナルのイラストやデザインを使用してカスタムメイドのプリントパンツを作成してみましょう。それは、まるで動きのあるアートをみている感じです。自分自身のアート作品を発表する絶好の機会です。

ズボンの起源

ズボンは紀元前13世紀までさかのぼることができます。 起源は東アジアとされており、ズボンはウエストから足首丈まである長さで片脚ずつ別々に覆われていました。 これが、ローブやスカートと区別される点です。 世界最古のズボンは中国西部、トルファン、新疆(しんきょう)という場所のヤンハイ墓地で見つかりました。 このズボンは、ウール素材でできており、ストレートで股が広いデザインでした。 おそらく乗馬に使用されたと考えられています。

メンズズボンの歴史

中世ではヨーロッパほぼ全土で、ズボンが着用されていました。 もっと以前から着用されていた可能性があります。 ズボンが男性の下半身を覆うために着用するメインの衣服になるまでには、そう長い時間はかかりませんでした。大人専用でした。 原型のデザインから、ズボンのシルエットはあまり変わっていません。 丈は足首からウエストまで、両足を別々にカバーするデザインです。

時代のスタイル

長年にわたって、ズボンは少しずつ変化を遂げています。例えばボタンフライやジッパーフライ、タックの数、裾幅や形状、ポケット数や位置などを個々に選定されます。  最近では、ショートパンツも人気です。 天気が良いときにはショートパンツ、クーラー時には長ズボンを着用したり、季節やTPOに合わせてズボンの長さやシルエットも変わります。4世紀初頭から多くのファッションスタイルが取り入れられ、オーダーメードのズボンも完璧なフィット感を求めて採寸され作られましたが、今日でも継続されているサービスです。

素材

当初、ズボンを作るための最も一般的な素材は、ウールかリネンのいずれかでした。 中世以前のヨーロッパでは、革、綿、シルクがズボンに使用されていました。 17〜18世紀に船員はジーンズ、デニム素材のパンツの着用の先駆者となり、 耐久性があるデニムは19世紀から人気の素材になりました。

現代の素材

時代の進化に応じて、メンズズボンも多くの素材で作られるようになりました。 各々の生地の特性を利用して、デザインされます。 一般的にテキスタイルの耐水性、耐久性、通気性、または手触りを考慮します。 このことにより、より多くのカラーオプションとより明るい模様入りのパンツも生まれました。

利便性を求めて

ハイテク時代の現代、ズボンは通常、ウエストと股下の測定値で構成され、男性がズボンをオンラインでより頻繁に注文するようになってきました。ボトムスのプレゼントもしばしばオンラインで購入されます。 オーダーメイドのズボンは、百貨店や専門店などで別注するのが基本ですが、デザインやスタイルはまだ限定されています。

オーダーメイドでメンズプリントパンツを作る!

コントラードは、お客様が簡単にオンラインでご注文できるようなシステムを提供しております。お客様のデザインを選択された素材で弊社がプリント印刷し、カスタムメイドのズボンを仕上げます。 社内で一貫して全て制作し、ぴったりとサイズが合うように便利なサイズガイドの測定値をご提供しています。 簡単にデザインをアップロードでき、完成前にプレビューもしていただけますのでご安心ください。他にはないオーダーメイドのメンズプリントパンツを作ってみてください。