Menu

リアクティブ ファブリックプリント/11

この技術的に優れたプリント方法により、化学反応によって分子の結合が起こるため、染料の繊維への固着度合いが非常に強く、素晴らしい作品を作ることができます。

デザインを見る: 2 3

反応染料プリントの仕組み

染料プリントは、非常に素晴らしい結果を生み出す、複数のステップからなるプロセスです。この方法では、反応性染料、水、圧力、熱を組み合わせて魔法を起こすことができます。反応性のある生地にプリントする前に、生地自体にいくつかのステップを踏む必要があります。不純物を取り除き、後から染料を吸収できるようにするために、生地を洗い、乾燥させます。そして、染料が素材に結合するのを助ける前処理を生地に施します。この工程は、リアクティブプリントの特徴である高品質な仕上がりには欠かせません。インクジェットプリンターで、特殊な反応性染料を使って布地にデザインを再現します。生地に染料が完全にプリントされた後、高温高圧のスチーマーで染料を閉じ込めます。インクを生地に定着させるためには、蒸すことが重要です。最後のステップとして、生地をもう一度洗い、乾燥させます。この工程では、最初に塗布した前処理を落とし、余分な染料を取り除くことで、すぐに使用できる状態にします。

反応性生地へのデジタルプリントは、生地のセルロース繊維と反応性染料を共有結合させることで行われます。そのため、綿、麻、絹、竹などの天然素材にもプリントすることができます。

リアクティブプリントのメリット


リアクティブ・ファブリック・プリントのプロセスは非常に複雑ですが、それだけの価値があります。高温の蒸気により、染料は生地の奥深くまで浸透していきます。そのため、反応性生地へのプリントは湿潤堅牢度が非常に高く、洗濯などによる水通しに対する堅牢度が強いため洗濯機で洗っても鮮やかさが失われることはありません。洋服やブランケット、キッチンリネンなどのプロジェクトでは、これは重要な品質です。反応性プリントされた生地は、40℃で洗濯しても色が落ちないので、デザインが洗濯機の中で滲んでしまう心配はありません。この耐久性は摩擦にも及び、時間が経っても染料が生地から落ちることはありません。

反応性染料は7色あり、混合することでほぼすべての色を作り出すことができます。また、ブラックインクは深い色素を持っています。そのため、色の再現性が非常に高く、忠実に再現することができます。あなたのデザインのすべてのトーンとシェードが、最終的なプリントに反映されます。

リアクティブ・ファブリックへのプリントは、シャープなラインと大胆な色で非常に精細です。あなたが想像するどんなデザインでも、このプリントプロセスで完璧に再現することができます。

高品質のシルクのような贅沢な天然繊維にも反応プリントが可能なので、品質に妥協はありません。天然繊維は環境にやさしいので、持続可能性を犠牲にすることなく、自分のデザインをプリントすることができるのもメリットです。天然素材の場合、環境に優しいインクと素材は生分解性があります。

デジタルリアクティブプリントは、紛れもなく優れた結果を生み出す手の込んだプロセスです。コントラードでは、デジタルリアクティブプリントをお気に入りのプリント方法のひとつとしています。それは、お客様が完成した生地に感動することを知っているからです。

ルーレットに挑戦 !