お問い合わせ
contrado logo

レディースプリントパンツ 

レディースプリントパンツ&レギンスは様々なデザインや素材がありますが、あなただけの特別なボトムスをコントラードで作成してみませんか。カスタムメイドだけではなく、高品質の生地とフィット感のあるデザインにも自信を持って提供しております。 快適さとおしゃれスタイル両方を兼ね備えたデザインで、ワードローブを広げてください。

レディースプリントパンツ&レギンス

お好きなデザインで、カスタムメイドのレディースパンツを幅広いサイズと高品質の素材から選んでいただき、簡単にオンラインで作成できます。 レディースレギンス、ショートパンツ、パジャマなど豊富な品揃えをご提供いたします。 カスタムメイドのレディースプリントパンツやレギンスは自分のアートワークを披露する素晴らしい機会の場です。

ズボンの誕生

ズボンの最初の出現は、西ヨーロッパの遊牧民が着用していたといわれています。 考古学的証拠は、ここでは問題ではありません。 ヨーロッパ、中東、中国を侵略したユーラシア大陸の遊牧民の人々が着用して伝達されました。 歴史上のこの非常に早い時期に、パンツは一般的なユニセックスの衣服として着用されました。 しかしかなり制限されたものであり、一般人にまで普及したのは16世紀以降の近世からです。

パンツの規制

多くの地域では、ズボンの着用を個々で制限していましたが、ズボン着用に関しては法律で実際に施行されました。19世紀から20世紀のアメリカの多くの都市では、ズボンを着用した女性は犯罪と認める法律が可決されました。ズボンを着用する女性の多くは、変装、パブリックアイデンティティ、ファッション、快適で自由な装いなど様々な理由からはいていました。

時代遅れだが近代まで続く慣習

この法律は、間違いなく時代遅れですが、そんなに昔のことではありません。 1919年、プエルトリコで初めてズボンを着用した女性ルイーザ・カペティロが「クロスドレッシング」が理由で逮捕されましたが、後ほど不起訴になりました。 30年代、ファーストレディーのエレノア・ルーズベルトが公的な場でズボンを初めて着用しましたが、これは午前中に乗馬して着替える時間がなかったためですが、その姿を掲載されました。1939年のヴォーグ誌でレディースズボンを紹介するまでは、広がることはありませんでした。


1993年までは女性が米国上院議院でズボンを着用することは認められませんでした。 バーバラ・ミクルスキーとキャロル・モーズリー・ブラウンはその年の初めに法律に反し着用します。 その年の後半に、法が改訂されジャケットとズボンも着用を許されることになりました。1994年にはマラウイで女性がズボンを着用することが合法になりました。 スーダンでは、 1991年に制定された礼儀や道徳心に欠ける衣服着用を禁じるスーダンの刑事法条項に基づき、2009年7月に13人の女性がズボンを着用してハルツームで逮捕され、罰金を科され、鞭打ちを受けました。

継続的な制約

女性がズボンを着用するにあたって、現代もまだ尚規制があります。 宗教によっては、女性が足を出すのを禁じていますが、ズボンではなくドレスやスカートを着用しなければならないと規定している宗教もあります。 ダンスの女性参加者がスカートやドレスを着用しなければならない場合も多々あります。 これは慣例によるものですが、場合によっては規則として定めているところもあります。 英国のほとんどの学校は女子生徒はズボンでもOKですが、スカートを着用する生徒が大半です。 女子は学校にズボンを着ることが一般的に認められていますが、法的立場は不確かで、裁判所には訴訟が提起されてはいません。 女子生徒がスカートを着用しなければならないというルールは、多くの学校、一般的にはプライベートスクールやいろいろな学校で実施されています。 政府のガイドラインでは、女子生徒がズボンを着用可能かどうかの決定は、個々の学校にゆだねると記載されてます

英国製オーダーメイドのプリントパンツ・レギンス

自分の好きな服を着て、好きな場所にでかける。お好きなファッションをTPOに合わせて自由に着こなせるのはハッピーですね。さまざまなデザインスタイルをコントラードの専門デザイナーがご提供します。お好きなデザイン、画像を用いてカスタムメイドのオリジナルアイテムをお楽しみください。

オリジナルのレディースプリントパンツ、ショートパンツ、カスタムレギンス

弊社はできるだけ多くの選択肢をお客様にご用意したいと考えております。レディースパンツ、ショーツ、レギンスに関して、多くのオプションをご提供いたします。 糸の色、素材、サイズ、プリントデザインに至るまで幅広いオプションからお選びいただけます。 イギリス ロンドンの自社工場で丁寧にお作りいたします。