お問い合わせ
contrado logo

キャンバス生地

販売用からオーニング・シェード、靴からカバン類まで、キャンバス生地は最も多く使われている布生地の一つです。綿繊維やその他の糸で作られる丈夫な布生地です。キャンバス生地について、ここでもう少し詳しくご説明します。

キャンバス生地ってどんな布?

丈夫で強く、かつ破れにくいことで知られるキャンバス生地は紀元前3000年頃からヨットの帆、天蓋やオーニング・シェードなど野外での生活に使われてきました。コットン・キャンバス生地は頑丈なうえに重さもあり、縦糸と横糸を交互に浮き沈みさせて織る平織りという手法で織られた布生地です。

キャンバス布はかたく織られていて極めて丈夫なので、アウトドアでの使用やアート用キャンバスとしてなど様々な用途に使用されてきました。キャンバスという名前はラテン語で麻を意味する"cannabis"から来ています。いまだ麻から作られているものもあり、多くの用途に使われるこのキャンバスは伝統的なものになっています。

キャンバスは以下のような繊維から作られています。

  1. コットン・キャンバス布:広く使われているキャンバス布の一つです。ミディアム程度の強さがあり、濡れているときの方が乾いている時よりも10~20倍丈夫であるとされています。
  2. リネン・キャンバス布:こちらも天然素材の糸から作られるキャンバスです。非常にピンと張りつめたコットン・キャンバスよりも2~3倍丈夫な生地です。
  3. 合成繊維:合成繊維だけや、天然繊維とブレンドして作られるキャンバス布もあります。天然繊維と混ぜることにより、天然繊維の持つ良い特徴に加え、耐久性・弾力性の両方を併せ持つキャンバス布となります。
  4. 麻キャンバス布:白カビ、腐食、日差しに強い天然繊維です。麻キャンバスは害虫に強く、コットンやリネン地よりも弾力性があります。

どのようにして作られるの?

キャンバス生地の多くは綿や亜麻糸で作られますが、麻やジュート繊維、ポリエステル、ナイロン、またそれらの混合でも作られることがあります。

キャンバス布はとてもシンプルな方法で織られる生地です。横糸は、縦糸の上を通ったあと次の縦糸の下をくぐるというように、交互に進むことによって布を織っていきます。縦糸がまっすぐ走る横糸に対してひだを作る形で織られるので縦表布と呼ばれます。
アート用のキャンバスを作る際には、2層にわたってジェッソと呼ばれる吸水性のある下地が塗られます。これがないとキャンバス布が絵具を吸収してしまい、描いた絵が消えてしまったり表面に絵具の元だけが凝固してしまう原因になります。

キャンバス生地の使用目的

キャンバス布の使用目的は幅広く、アート用のキャンバスから家具にまで至ります。多種多様な方法で使われる布生地で、絵画用として、ヨットや船などの帆布に、そしてテントやシェルターとしてなど野外での使用でも使われる人気の生地です。丈夫で耐久性と撥水性もある生地なので、デッキチェアーシートとしても使われています。

しっかりした長持ちするようなものを作成したいけれど、自然にかつクラシックな見た目に仕上げたい時によく使われる生地です。カバンやリュックサック、靴、トートバッグ、トランポリン、そしてコートなどのアウターもこのキャンバス布を使って作られたりします。

特徴

密に織られた布のため、濡れると繊維が膨張して隙間をふさぐので防水性を持つキャンバス生地となります。その他のキャンバス生地の目立った特徴としては以下のものがあげられます。

  • 頑丈である
  • 耐久性がある
  • 丈夫である
  • 厚手
  • 割と硬い
  • シンプルな平織り
  • きつく織られている
  • 様々な繊維で織られる
  • 風防
  • 圧迫や伝染に耐性あり
  • 防水性と防火耐性あり(使用方法を守れば)
  • ピンと張った生地だが繊維によって伸縮性があるのもあり
  • 合成繊維と天然素材の混合で織られることもあり

キャンバス生地の長所

キャンバス布は様々なアイテムの作成に適した多くの長所を持っています。オンラインでも異なるサイズ、重さ、そして繊維配合率のキャンバス生地をお求めいただけます。

この生地の主な長所は天然の品質を改良するための薬剤処理が容易な点です。

合成繊維を天然繊維に混ぜることにより、軽いけれど丈夫で、対候性のあるキャンバス布を作ることが出来ます。このため工業産業、建築や海上での使用が広まりました。


全ての布をチェック