お問い合わせ
contrado logo

柔らかい生地

柔らかく扱いやすい生地をご紹介いたします。厚めのものから暖かいベルベット、または薄めでクールな綿素材まで多くの生地を取り揃えています。

柔らかい生地とは何?

その名の通り、柔らかい生地のことを指しています。扱いやすいものがほとんどで、フラットなタイプから起毛のあるタイプまで豊富な種類の生地を取り揃えております。オーガンザのような超細かな生地や、ゴム編みニットジャージーのような厚手の生地もあります。衣類作成からクラフトワーク、アート作品制作まで、幅広くお使いいただけます。生地タイプによってもちろん特徴が異なりますが、どれもそれぞれユニークな形で印刷されます。各々の生地には、保温性が高い、光沢感のある、優雅なドレープ性をもつなど個々の特徴がありますので、用途に応じてお選びください。

人気のある柔らかい生地:

豊富な種類の柔らかい生地から、特に人気の素材をご紹介:

  • ポリ・フリース 
  • ポリ・スエード
  • ジャージー
  • ベルベット
  • ライクラ
  • シルク・サテン
  • コットン・リネン
  • スキューバ
  • アーチウェイ・ブラッシュドツイル
  • クラッシュ・ベロア

どのようにして作られるの?

各々の柔らかい生地は、それぞれ独自の方法で製造されており、使用される糸、構造、天然か人工かによって異なります。織物生地かニット生地、伸縮性の有無、光沢をもつ素材かマットな素材など様々な選択肢があります。優れた光沢感をだすには、経糸と緯糸が少し複雑に交差されることにより糸の接点が少なくなり、糸の浮きが多くなる織られ方の朱子織りがあります。強くて耐久性のある織り方の平織とドレープも綺麗に出るとても強い織物の綾織りなど織物布には3種類の織り方があります。


ニット生地は、一般的に輪奈(わな)(ループ)を重ねて新しい輪奈を作ることを連続的に行うことによって出来る生地です。ニット生地は熱を遮断し保温性があるため冬用アイテムに適していますが、130gsmのクールで軽量な生地もあり、春夏用に適した素材もあります。経編みと緯編みがあり、編み方により生地の特徴が異なります。プレーン、バスケット、ツイル、サテン、ジャカードなど、さまざまな種類の織り方もあります。生地の柔らかさは、綿、絹またはポリエステル混紡であるかどうか、使用される糸の種類で異なります。

柔らかい生地の用途

柔らかい生地は、快適でスタイリッシュな服を作ることから、クラフトワークにいたるまで様々な用途があります。生地により、少しずつ異なる特徴をもちます。例えば オーガンザは、ソフトなタッチですが、やや張りと堅さもあります。高い透明性があり、表面には艶もあるので、アップリケやブライダルウェアに適した素材です。プラッシュ・ベルベット生地は、厚く温かい素材で、非常に柔らかく、ポリベースの起毛が通常のベルベットよりも密度が少し粗く毛が長いのが特徴的です。毛布やガウンなどに適した素材です。

柔らかい生地の特徴

柔らかい生地は多種類で、各々に異なった特徴があります。人気のある生地を一部ご紹介します: 

  • ポリ・フリース – 柔らかく、厚みのある温かいナップ仕上げのニットの生地です。ほつれにくく、疎水性のある素材
  • マルマル・モスリン – 織り目の開いたオープンネットで、透明度も高いソフトで軽量な生地
  • ソフトベルベット– 短く密度の高いカットパイルが特徴の、美しいドレープ性をもつ素材。 280gsmで重量があり分厚い生地。
  • シルク・サテン – 本物の天然絹。滑らかで光沢があり、軽量かつ半透明な生地です。
  • ソフトシェル・ジャージー – 伸縮性のあるダブルジャージー。 裏起毛で柔らかく通気性がある素材。
  • ポリ・スエード – ほつれがなく耐久性のあるマットな仕上がり。難燃性かつ疎水性を備えた生地。

柔らかい生地の利点 

柔らかい生地は、特に衣類を製作する際によく使われます。肌ざわりがよい滑らかな生地は、快適で着心地も抜群です。保温性、通気性、軽量かつ半透明など様々な特徴をもちますので、用途に応じて適した素材をお選びください。 

全ての布をチェック