お問い合わせ
contrado logo

縮緬素材に印刷

縮緬またはクレープは、衣類作成に最も適した布の一つです。多目的で、あらゆるスタイル・重さ・繊維のある布タイプになります。ここではこの誰もが愛する縮緬が、一般的にどのように使われているのかをご紹介いたします。

縮緬とはいったい何?

縮緬は仏名のクレープ('crêper')とも呼ばれ、その意味は直訳すると「縮らせる」となります。この生地は、まさに縮れた表面が特徴的であり、それによってできた乾いたようなシボが感じられます。縮緬は織られる場合もあり、また編まれて作られることもあります。織られて作られた縮緬は弾力がありますが、ほつれやすいという点もあります。また、天然繊維と合成繊維などあらゆる繊維で作られており、ブレンドして製造される場合もあります。繊維の種類から名付けられることが多く、例えば「シルク・クレープ」や「コットン・クレープ」などがそれに当てはまります。

人気の縮緬素材:

  • クレープ・デ・シン細かく柔らかく、ドライでパリッとした質感で美しいドレープ
  • クレープ・ジャージータイトに編まれたジャージー, 通気性あり, ミディアムな重さ, 美しいドレープ
  • スキューバ・クレープ重め, ニット, ネオプレンに縮緬の表面のような扱い
  • クレープ・シフォン柔らかくデリケートな質感, かなり軽いシフォンであるが特徴的な縮緬の質感
  • フレンチ・クレープ – 超ソフト, 平ら, 軽い, 撚ったヤーンによる縮緬
  • クレープ・ジョーゼット – 細かく軽い, パリッとした質感, 粗く落ち着いた表面

どのように製造される?

クレープ生地は表面にシボをはっきり出した織物の総称です。デコボコした表面を持つため、簡単に折り目がついたりシワになったりせず、これがクレープ生地の一番大きな特徴となっています。製造過程でたてに無撚糸、よこに強撚糸を用いて平織りにした後、凹凸のシボを出します(緯縮緬)。たて糸に強撚糸、よこ糸に無撚糸を使う場合は縦縮緬、両方の糸に強撚糸を使ったものを縦緯縮緬と呼ばれます。布表面はなめらかなものもありますが、凹凸がはっきり出たものもあります。クレープは天然素材から化学繊維まで様々な繊維から製造されるので、多目的かつお手軽に使用できる人気な素材となっています。

クレープ生地の使用目的

クレープ素材は幅広い衣服の作成に最適で、とても汎用性の高い布生地です。リッチな手触りとスタイルを持ち、なかなか取り扱いやすいという長所も持っています。そのため、ファッション衣服を作るデザイナーや衣類製造メーカーが好んで使用する布の一つとなっています。また、お手頃かつお手入れも簡単な生地なので、消費者にも大変人気があります。素材の重さや不透明さは布によってさまざまで、この多様さが多目的に使われる理由となっています。

縮緬生地はなめらかな流れや美しいドレープを作り出すので、どんな洋服の作成にもおすすめです。ブラウス、スカート、ドレスなどの衣類をお作りでしたら、クレープ生地で作るととても美しい仕上がりとなることでしょう。

布の特徴について

布が仕上がった状態で糸を緩ませることでシボを作り出しているので、クレープ生地はかなりの収縮率を持ちます。印刷過程での収縮率が他の生地よりも大きいため、必要な布の面積と縮んでしまう大きさを考慮して注文してください。クレープ生地の持つその他の特徴を以下にまとめました。
  • 縮れのある表面
  • 波打ったような見た目
  • テクスチャのある表面
  • きつく織られた布
  • 強撚糸を使用
  • 乾いた手触り
  • 全般的に軽量な布
  • しっかりした生地
  • 布のバリエーション豊富
  • しなやかな布
  • 美しいドレープ
  • 柔らかい
  • 着心地が良い
  • 吸収性あり
  • 取り扱いやすい

縮緬生地の長所

どのような繊維でもクレープ生地を製造できるため、とても多様な性質を持ち、お値段もお手頃なものから高価なものまで幅広い種類があることがこの生地の利点です。一般的なウールやポリエステル繊維の縮緬はとてもお求めやすくなっています。また、シルクなど贅沢感のある高価な繊維やその他の天然繊維から作られる縮緬生地もあります。

繊維の種類では気をつけないといけないものもありますが、縮緬生地はお手入れが簡単な布の一つです。シルクなど天然繊維を使用したものは、化学繊維からなる縮緬よりもお手入れに注意する必要があります。縮緬自体が肌触りも良くシワになりにくいので、見た目をメンテナンスする手間が最小限で済みます。軽量な素材のため非常に美しいドレープが特徴的で、トップスやドレス、ズボンなどの衣類作成に人気のある生地となっています。

全ての布をチェック