お問い合わせ
contrado logo

透ける生地

衣類やテキスタイルデザインに適した、理想的な透ける素材をコントラードで見つけましょう。独創的なオリジナルデザインを生地に印刷できます。透ける布は生地によっても異なりますが、光をさまざまな角度で透過させデザインが両側から見えるような透け感があるものもご用意しております。透けるコットン生地は、ドレスメーキング、クラフトや装飾などにも適した素材です。

透ける生地とは?

透ける布は半透明で、生地の外側に縫い目、ヘムラインがでます。生地のにはさまざまな種類があり、清涼感があってシャリ感のあるものから暖かくて柔らかいものまであり、用途に応じてお選びいただけます。 特徴としては、薄くて繊細ですが、半透明の生地の中には、より太い糸で構成されいるものもあり丈夫です。 繊維が細いければ細いほど、緻密で薄手の織物が出来ます。透ける生地と半透明の素材は、デニール(フィラメント糸(連続長繊維)で使う単位)で表します。たとえば、15デニールはストッキングの標準的な薄さで、30デニールは半不透明です。

人気のある透ける素材:

透ける布は非常に多くの種類があり、それぞれに生地独自の特性を持ちますが人気のある生地は下記の通りです: 

  • シフォン
  • ボランド・ボイル
  • フローレンス・パワー・ネット
  • オーガンザ
  • メッシュ
  • シルク・ジョーゼット
  • ボイル・デ・ヴィル
  • リップストップ・ナイロン
  • ヴィンテージ・フェード・コットン
  • タフタ

どのようにして作られるの? 

透ける布は独自の方法で製造されており、使用する糸、構造、また天然か化繊かによっても異なります。編み物(ニット)か織物、ピンと張ったまたは伸縮性のある、光沢のある、マット感など生地によりそれぞれ特徴をもたせることができます。半透明性を実現するために、透ける素材は繊維間の空間が大きく、光が通過できるようになっています。 ルーセントサテンなどの化繊糸で作られたものは、天然繊維で作られたものよりもつるっとした肌触りで光沢感があります。

薄い生地は、主に2つのタイプに分類されます。 シャリ感ある素材または柔らかい生地です。 例えば、オーガンザやボイル・デ・ヴィルのような生地は、シフォンのような柔らかい素材とは違って、シャリ感があり取り扱いしやすい生地です。 この大きく2種類に分かれる特性は、透ける布の使用目的によって選ばれます。

透ける生地の使用用途

柔らかい透ける素材は、ゆったりとした、流れるような、または特大サイズのシルエットが必要なドレスメーキングでよく使用されます。 美しくエレガントなドレープがあり、肌ざわりがよくフェミニンさを醸し出します。他の用途として、オーガンザ、ボイル、またはチュールなどは芯地として使用されます。 剛性かつ順応性があるという特性により、デザインに華やかさをプラスするのに適しています。 女性らしい品質とエレガントなドレープ感により、ブライダルウェアと透ける生地は非常に調和している素材です。 透ける生地を使用して、ペチコート、裏布、装飾としてもよく使用されます。

おそらく最も一般的な使用用途の1つはカーテンを作ることです。 透ける布は、光を完全に遮ることなくカバーし、朝日が差し込むような生地感です。 より柔らかい透ける素材は、クラシックなカーテンに適したエレガントなドレープ感があります。

特徴 

透ける生地は非常に多くの選択肢があり、各々の生地の特徴を備えております。ほんの一部をご紹介いたします。: 

  • シフォン – 軽量で、涼しく、風通しの良い、ソフトでシルキーな乾いた質感。 
  • オーガンザ – ポリベースのフィラメントの紡績糸で織られた平織り。透明度の非常に高い光沢ある素材
  • ヴィンテージ・フェード・コットン – 綿とポリエステルのブレンド繊維。柔らかいながらもぴんと張った堅めの質感
  • シルク・ジョーゼット– 絹100%の軽量生地。繊細でしなやかなかつドレープ感ある生地
  • バンブー –竹繊維とレーヨンとのブレンド繊維。滑らかでシルキーな肌触り。
  • ボランド・ボイル– 斜めに弾力性のある繊細な平織り。光沢のある表面とメッシュのような質感。

透ける生地のメリット

特にドレスメーキングやカーテンの製作において、透ける生地を使用することは非常に多くのメリットがあります。 シャリ感のあるものは、フワッとした生地よりもより扱いやすく、素晴らしい結果を生み出します。 繊細な素材のため生地の重さを増やすことなく、高級感を出すことができます。個々の生地のメリットを踏まえて、透ける素材にオリジナルのデザインを使って印刷しましょう。

全ての布をチェック