お問い合わせ
contrado logo

ウォータープルーフ生地

防水生地は完全に水を通さない耐水性のある布で、アクティブウェア作成の際に非常に人気があります。ウォータープルーフのアウトドア用布で作るアパレル、テント、バッグなどがあれば、雨の日でもしっかりあなたを守ってくれます。

ウォータープルーフ生地って何?

防水生地やウォータープルーフ生地は、完全に水を通さないタイプもしくは完全ではないが耐水性がある生地全般のことを指します。"防水加工"と"耐水性"は水を防ぐ程度が違い、防水加工された布は水の浸透を完全に防ぐ一方で、耐水性のある布は一部分やある一定時間のみ水に耐えうるという違いがあります。

ウォータープルーフ生地とは通常、ポリマー防水と通気性のある素材から構成された生地です。

どのようにして作られるの?

ウォータープルーフ生地にはいくつかの製造方法がありますが、中にはゴムやプラスチックなど天然の防水加工性質を持った素材や生地もあります。他にはオイルクロスなどの防水加工などのウォータープルーフコーティングがされた布地や、薄い防水加工のフィルムがラミネートされているものもあります。 

防水加工のされた布の起源は13世紀にさかのぼり、南アメリカの先住民が植物から採れるゴムのようになる乳液を耐水性を高めるために衣類に付けて使ったことが始まりだといわれています。ウォータープルーフの生地は重いうえに扱いにくい傾向がありましたが、テキスタイル技術と化学の発達のおかげで現在では軽くなり、中には通気性があってより柔軟性もある生地も出てきています。 

防水加工のされた布・ウォータープルーフだが通気性のある生地は主に4種類あり、それぞれ異なった方法で製造されます。

  1. きつく織られた生地 – アウトドアでの使用に最適;エジプト綿はとても密に織られており、濡れると綿が膨張し織り目ががさらにきつくなります。
  2. 膜組織を持つ生地 – 高分子化合物のPTFEやPUが使用され微細な孔を布にコーティングすることによって防水加工を施します。 
  3. 透湿防水コーティングされた生地 – 布に細孔がなく、撥水加工コーティングが施された固形素材で空気も通しません。通常PUとPEOの混合で作られます。
  4. 多孔質フィルムラミネート – 代表的なものがゴアテックスです。水蒸気などのような気体は浸透させますが水滴は通さない非常に丈夫な生地です。
撥水加工のされた生地の多くは織物で、ある程度の水分をはじく性質を持っています。 

ウォータープルーフ生地の使用目的

ウォータープルーフ生地は着心地の良さもありながら水に濡れないように守ってくれ、肌に密着しすぎず、そしてカビや腐食に耐性もあるという特徴を持っているので、防水布の使用用途は多岐にわたります。

防水生地が使われるアイテムの例:

  • レインコート
  • ジャケット
  • アノラックパーカー
  • カグール
  • アウトドアウェア
  • スキーウェア
  • スポーツウェア
  • ふっとウェア
  • バッグ類
  • リュックサック
  • トランクやスーツケースなど
  • エプロン
  • 防護服
  • 帽子
  • テント
  • オーニング

布の特徴について

防水生地は幅広い用途に使える多くの魅力的な特徴を持っています。撥水性のある生地とは対照に、水分の浸透や吸収を完全に防く布です。 

また優れた耐熱性を持つ素材でもあるので、寒い環境のもとで使用されることも多い生地です。

いくつかあるウォーターブルーフ生地の中からそれぞれの特徴に合わせて布をお選びください。

頻繁に使われる防水布:

  • オイルクロス – 100%ビニール素材で完全防水、艶がある耐久性を持った生地でほつれることがありません。
  • リップストップ – 特殊ナイロン糸が使われたタフな生地、防水加工のされたアウトドア用布で耐久性も持ち合わせています。
  • 防水コットン生地 – ウォータープルーフ加工がされた通気性と吸湿性のある生地で、しなやかできれいなドレープが作れます。
  • 防水キャンバス生地 – 屋外で使用される通気性がありカビや腐食にも強いしっかりした布です。
  • PUL防水生地 – ニット生地の間にラミネートされた布を一枚挟んだ3つの層からなる生地です。
  • ポリウレタンラミネート – 防水性と通気性があり、やや伸縮性も持つラミネート加工された布です。

ウォータープルーフ生地の長所

レインコート、傘、テーブルクロスからスポーツウェアの作成において、防水生地はその布の持つ多くの長所を発揮します。これらの生地は水で湿ったりすることがなく、お洗濯などのお手入れが簡単なのも特徴です。 

高分子化学の発達のおかげで防水生地はたいへん良く改良され、現在のウォータープルーフ生地は通気性をも持っています。そのため汗を吸って外に逃がしてくれますが外からの水の浸透は防いでくれます。


全ての布をチェック